その他

断熱をするということ①


今回は熱伝導のお話です。








図は人の体温が椅子より高い為、冷たい椅子に熱が移動するという説明です。




熱の伝導は接している『物』のよって伝わるスピードが変わり、




空気>木>水>コンクリート>鉄 の順番で空気が一番熱を伝えにくいです。




木はなぜコンクリートより熱が伝わりにくいのかというと理由は空気をふくんでいるから。熱い鍋を持つときに濡れフキンではなく乾いたフキンを使うのは乾いたフキンの方が空気を含んでいるからです。




写真は針葉樹です。




木は無数の穴から水分を供給しており、伐採されると空洞になって空気が入ります。空気は熱を伝えずらいので木も熱を伝えずらい物質となります。




全ての木が同様なわけではなく、合板などはこの細胞部分が少なかったり、塞がれてしまったりするので無垢材と比べて冷たく感じますし、固く感じます。また同じ温度の無垢材でも針葉樹の方が広葉樹よりも熱が伝わりにくいです。








断熱材、グラスウールはガラス繊維を使った断熱材で細かい繊維で空気層を幾層に作る為に断熱効果がでます。高性能グラスウールとグラスウールの違いは繊維層の細かさで、これによって性能が高いということです。




セルロースファイバーも同様で木質繊維のもつ空気層で断熱効果を得ています。
発砲プラスチック系の断熱材はガスを閉じ込めた気泡を作るので他の断熱材と比べ熱を伝えずらいものになっています。




断熱をするための『熱伝導・対流・輻射』の3つの重要ポイントうちの熱伝導についてのお話しでした。次は熱の対流についてお話します。








弊社、建築中見学会にて実際にご覧頂きながら施工ポイントをご説明させていただきます。是非、お気軽にお越しくださいませ。

もちつき大会開催します!!


新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。




戎工務店恒例行事のもちつき大会のご案内です。








昨年までは弊社、モデルハウスで開催していた恒例行事ですが今年から本社で開催することになりました!ご自身でついたお餅をその場で食べれるまたとない機会です。是非お気軽にお越しください








また昨年の夏、本社に新設した[リノベーション体感ギャラリー]では自然素材である、けいそう土とクロスの調湿性能の比較や自然乾燥させた杉材と建材との体感温度等が実際に体感できますのでもちつきと合わせてお越しくださいませ。





1日に吸う空気の量


気にすることなんてまずないですよね。




おおよそ18~20kgだそうです!水分は1.2kg、食物は1.3kg。




1日に摂取するものの80%は空気で、学校に行って勉強・部活をしたり、会社に行って仕事をしたり、洗濯や掃除・晩御飯の買い出しに行ったり等いろんな場所でいろんな事をこなしながら日々をおくっているわけですが、




一番空気を吸っている場所は自宅です!!








では”空気の質がよい”とはどのような意味でしょう 
2つ意味があり




①PM2.5等の人体に喘息等の悪影響を及ぼす微粒子物質が極力除去されている




②空気の温度 すなわち室内温度が 目安の夏は28度、冬は20度 であること




①は空気清浄機を使われている方が多いのではないでしょうか 戎工務店では空気清浄機以外に珪藻土や漆喰、無垢材を使って室内環境を良くしていこうと努めています。




②はどうでしょう 全館空調で室内温度が一定、断熱機密が高い住宅にお住まいの方はまだまだ少なく、上記の室内温度が保たれている住まいはあまり多くないと感じます。




私が子供のころは喘息もちでした。自分の部屋は朝起きると白い息が出たのを覚えています。当時の家は目の前に山があり川もながれ自然環境は良かったと思っています。




ただ寒かった。




起きているとき、寝ているときに冷たい空気を吸っていたので気管支が炎症を起こし喘息になったのではと今では思います。




お住まいの″空気の質″はどうですか?




気になる方はどうぞお気軽にご連絡ください。→こちら

節エネと健康リスク


「体温が1度下がると免疫力は30%程度低下する」




人の平熱は36.5~36.8度でより健康的にいられるためにはこの平熱以上を保持することが大切です。




平熱を上げるために基礎代謝量を増やさなければならず、そのために一日に二回運動をして筋肉を鍛えることが推奨されています。




では日々運動をしなければ健康を維持できないのでしょうか?




そうではなく




自身で運動が出来きたとしても室内の温熱環境が適当でなければ健康は維持されません。




住まいの室温が低ければ、体は冷えますし、冷たい空気を吸うことにより気管支に負担をかけることになります。これは呼吸量が大人の二倍必要である子供に対してだけではなく、住まう人、ペットにも同様に大きな問題です。




参考 近畿大学岩前教授コラム



見学会等のお問い合わせはこちら

省エネと節エネ


最近面白いデータを見つけました。








住宅の断熱性能が高いとされているドイツよりも日本は省エネ?と感じてしますのですがそれは間違いで




省エネではなくただエネルギーを使わないで我慢しているだけ




必要な居室のみに暖房・冷房を使う間欠冷・暖房をするという我慢の節約エネです。




近年寒暖差が大きくなった現在、四季とともに自然に寄り添っていた数十年前の住まいは現在求められている住宅性能を担保できなくなっています。




暑いけど・寒いけど我慢する節エネは体に負担をかけていき…











このような結果に陥ってしまっています。




健康でありたいでも出来るだけ光熱費はあげたくないですよね。




上記を踏まえて戸建・問わず改修工事を検討していただけたらと思います。