エビス日記

戎工務店の日々の出来事などを少しでも家づくりのヒントになればと、徒然なるままに書き綴ります。

新型コロナウィルス対応について





えびす工務店では新型コロナウイルスに対する予防、除菌を徹底しています。







社内の清掃と消毒




いつもの掃除機や水ぶきの清掃に加え、次亜塩素酸による事務所入口噴霧での消毒と、アルコール消毒を行うようにしました。
















スタッフの手洗いの徹底




手洗いの徹底は、感染をしない!させない!為にもとても重要です。
次亜塩素酸消毒液と消毒用アルコールジェルを使って、除菌、殺菌をしております。
相談会や体感見学会の際も、お客様にお使いいただける様に準備しております。















スタッフの健康管理




当社のスタッフは徒歩圏内の地元住民が多いですが、この様な時期ですので、時差出勤や車両移動、遠方から通勤の社員は隔日での業務を行っております。




そして新型コロナウイルスに感染しない!させない!
個々人にマスクとアルコール消毒液を配布し、面談の際はマスク着用で、細心の注意を払って家づくりの相談に来られるお客様に対応させて戴いております。








社内を清潔に保ち、明るく!元気にお待ちしております。
安心してご来社くださいね!







相談会の開催に関して





私達がさせていただくこと




・完全予約制+1日1家族のみのご案内
当日はご参加戴くご家庭のみとなります。
他のご家庭の方を気にすることなく、
ご相談に参加いただけます。




また個別でのWEB相談にもご対応しております。
ご希望の方はお問い合わせページよりお申し出くださいませ。




・弊社スタッフの衛生管理
スタッフ全員が、手指の消毒及びマスク着用にてご案内をさせていただきます。




・定期的な換気
社内はロスナイ換気をさせて戴いております。
状況によっては窓を開けてお話をさせていただく場合があります。








お客様へのご協力のお願い




・受付の際に、アルコール消毒液を準備しておりますので、ご協力をお願い致します。




このような時期だからこそ家でお困りのことも出てきているかと思います。




是非お気軽にご相談くださいね。

上手な換気





『換気をして下さい』と言われると、とりあえず窓を開けますよね。




ですが実際に換気が出来ているかどうかなんて目では確認できません。




効率の良い『換気』はどうすれば出来るのでしょうか?




POINT   換気経路を考えること




参照 日本建築学会




換気を行ううえで重要なのが換気経路です。




住み手が普段⽣活する居室にはできるだけ新鮮 な空気を供給し、汚染物質の発⽣しやすい場所(トイレや浴室、台所等)はできるだけ⾵下 に設置することが望ましい。(日本建築学会参照)




このような発表をされていますが実際はトイレ・お風呂は個別換気されていることが多いと思います。




個別換気=吸気口と換気扇が同じ部屋にあれば、窓を開けなくても換気は出来ます。




ですが吸気口・換気扇がない場合、室内では可能な限り対角線上に窓を2か所開け換気を行うのが良いです。




また風上の窓は15㎝程開け外気を取り込み、風下の窓は全開し、内気排出することで換気の効率は良くなります。




吸気は15㎝ 排気は窓全開で




部屋に窓がなかったり、1つしかない場合は扇風機を窓に向けて運転、もしくは隣の部屋のドアを開け換気経路をつくり同時に換気するとよいです。




ワンルームマンションは窓が1つの場合がありますので玄関と窓で経路をつくる等の工夫をして効率よく換気を行いましょう。




下の図はワンルームマンション以外の換気経路の例です。




参照 日本建築学会




換気のみならず、新築計画時に様々なシミュレーションをすることはとても大切なことです。




ですがまずは自分でやってみて体感すること!




皆様も効果的な換気をおこない、みなでコロナウイルスを倒しましょう!





ZEH実績報告



【見学会】木に「ふれ」に来てください







3月20日(金)・3月21日(土)10:00~16:00西宮市甲子園にて完成見学会を開催します!!




構造材・床材に兵庫県産の杉材のみを採用し、地産地消かつ香りも触感もやわらかい杉材使用で、見た目だけでなく「ふれ」てもあたたかい住まいができあがりました。




更に今回兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度(25年固定金利0.8%)を利用しており、規定(60%)を大幅に超える90%超の県産材を使用しました。




吹き抜けで陽の入る明るい家に
家の中でお子様が素足で過ごせるように
全館空調ですみずみまで快適な場所に
成長に合わせて間取り変更できるよう間仕切りの少ない空間に




そんな想いがいっぱい詰まった住まいです。




特別に2日間ご厚意で見学会をさせていだきますので、是非『ふれ』てみてください。




注意事項




トイレのご利用はできません。
靴下はご着用の上、ご来場ください。




【新型コロナウィルスによる対応】
施主様のご厚意による見学会となりますので、以下の事項を遵守いただきますようお願い申し上げます。




1.弊社で用意の手袋を着用いただきます。手袋はそのままお持ち帰りくださいませ。




2.マスクの用意はございませんので、ご自身でご用意ください




3.熱もしくは体調のすぐれないお客様には、カメラで体温を計測させていただく場合があります。また、ご入場いただけない場合もございます。





ご来場いただき、アンケートにお答えいただいたお客様にはヒノキのサシェをプレゼントさせていただきます!!

断熱するということ③


今回は遮熱についてご説明いたします。 








女性ですと日傘(遮熱傘)が身近ではないかと思います。日傘で紫外線をカットするだけではなく、日傘をさしている自身にも熱が伝わらないようにする事が出来ます。




遮熱とは輻射(放射)熱を防ぐこと




放射(輻射)は電磁波によって固体や液体の分子が振動し熱が発生することで、具体例としてよく挙げられるのが太陽光や電子レンジです。




では太陽光・放射熱を防ぐにはどのようにすればよいのでしょうか?




遮熱傘のイメージで住宅は太陽光が当たる屋根や外壁で電磁波(太陽光)をブロックします。




また、窓は住宅の中で一番熱エネルギーの出入りが大きいので、西日等がきつい所は遮熱窓にするのもよいかと思います。








屋根・外壁は遮熱塗料、遮熱シートによって電磁波を反射させ防ぎます。反射しきれず、吸収してしまい熱となった電磁波は内側の断熱材を併せることにより室内に伝わるのを防ぐ、遅らせるのです。




断熱材の熱の伝わり方




3回にわたってご説明してきました『断熱をするという事』は総括して断熱・気密のどちらか一方のみを重視しても




住まいの快適さは保てない




そして施工するのは




職人であること




戎工務店は高い技術力をもって、お客様が安心できる『快適な住まい』をご提案しています!!弊社の体感ギャラリー、モデルハウスに是非、お越しくださいませ。