エビス日記

戎工務店の日々の出来事などを少しでも家づくりのヒントになればと、徒然なるままに書き綴ります。

マンションの自然素材・断熱リノベーション②



マンションの断熱改修は非常に効果的です




気密性は高いマンションですが、古い建物は断熱施工がされていない物件がほとんどです。

住まいを快適で心地よい空間にするため、戎工務店では断熱改修を推進しています。








今回は吹付け断熱材を施工しました。

吹付け断熱材は均一で隙間の無い施工を担保してくれます。




せっかく断熱材を施工しても均一でなければ、熱の影響を受けやすいコンクリート躯体が冷えたり熱くなることで、室温を変動させてしまいます。




夏の夜に冷房をかけて涼しくなっても、切ったら暑くなる。そんな経験ありませんか?




あれは躯体コンクリートが昼間に熱せられ、夜間に放熱していることが原因です。

また冬にいくら暖房しても、窓の性能が低ければ窓面で空気が冷え、その結果冷えた重たい空気が足元を冷やします。




ですから窓や躯体の断熱性を向上させるための丁寧な施工は、快適で心地よい空間のためには必須です。








理解をして施工をすることと、この手間暇がとても大事です。

丁寧な仕事をして下さる職人さんの支えられ、その一つ一つがパズルのように合わさり、快適で心地よい空間が実現できるのです!




いつも本当にありがとうございます!!

マンションの自然素材・断熱リノベーション


先週末よりK邸の解体工事が始まりました




リノベーションやリフォームプランのご提案は、マンションの設計図面、マンション規約を確認しながらさせていただき、プラン決定後に見積もり、契約そして着工となるのですが、内装の解体後には色々と変更点が発生してきます。




解体前




解体後:壁の中から図面に無い鉄骨が出てきました。




建築当初の図面にはない鉄骨ですが、構造上必要なものであると考えられるため、K様と打合せの結果、右の柱は壁の中に隠し、どうしても隠せない左の柱は化粧柱にして見せることになりました。





他にも、床の状況や設備の状況をしっかりと確認し、計画を変更する点がないか、あればどうするのかを検討し、綿密に打合せを行います。




リノベーション・リフォームをするにあたって、排水管が床上ではなく下の階の天井に設置されている場合、水回りの移設に制限が出るなど間取り変更の自由度が低くなる可能性がありますので、マンション購入検討時から専門家へ相談するようお勧め致します。




私共も対応をさせていただきますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。




餅つきパーティ






26日に開催させていただきました、戎工務店恒例の餅つきパーティ




小雪のチラつく中でしたが、多くの皆様にご参加、ご支援いただき、開催することができました




子供も大人も『ぺったん、ぺったん』




きなこ、あんこ、お醤油、のり、大根おろし、いちご大福、ぜんざい、豚汁




寒い時期にも関わらず、多くの皆様にお越しいただきました。








本当にありがとうございます。




引き続き『家族』『暮らし』『自然』『産地』『技術』『地域』の6つのつながりを大切にし、『つながるすべての人に持続可能で豊かな暮らしを提供する』という理念を実践して参ります。








今後ともどうぞよろしくお願い致します。

新年、明けましておめでとうございます。



早速ですが体感見学会のお知らせです!

1月12、26日と弊社のモデルハウスで体感見学会とセミナーを行います。

賃貸マンションにお住まいの方で戸建てを検討されている方、戸建てのリフォーム・リノベーションを検討されている方には是非お聞き入れたい

お話もございますのでお気軽にお越しください。

26日は恒例の餅つき大会も開催決定です!!

 

冬季休暇のお知らせ

戎工務店では12月28日(土)~1月6日(日)まで冬季休業とさせて頂きます。
休業中のメンテナンス等の緊急対応はお受け致しますので078-881-0701までご連絡くださいませ。