2010年11月

土台敷き

 

本日長期優良先導モデル住宅の土台敷きを行いました!

↓ ヒノキの土台はシロアリや腐りに強いのです!!



当社が産直で構造材をお願いしているTSウッドハウスの材は、写真でも分かるくらい色艶・香りが良く、土台に使うには抜群の木材です

そして、その材を正確に通りに基づいて配置して行く大工さん・・・

↓ 『ぬ』『6』は縦軸・横軸の通りを示しています(い・ろ・は・に・ほ・へ・と・・・)



↓ 作業後すぐに現場を綺麗にする棟梁 川野大工



そして・・・

そして待ちに待った12月1日(水)の上棟まであと2日です!!!!

住宅にとって最も大切と言っても過言ではない、竣工すると隠れてしまう構造部分!!!

まだまだ間に合いますので、是非ご覧になって下さい(^^;

ここで一つ秘密にしていたお話を・・・

実は、長期優良先導モデル住宅の柱や梁にはTSウッドハウスの杉材を使用するのですが、なんとすべて天然葉枯らし乾燥を行っている木材なのです!!!

葉枯らし乾燥の凄さは・・・これは次回に詳しくご説明させていただきます

それでは次回をお楽しみに



↑ いつもお手数ですがよろしくお願いします!!

トモエ手芸店 改装工事

 

以前よりお付き合いさせていただいているKAN設計事務所さんのご紹介で、平野町のトモエ手芸店さんにて、自然素材を使った改装工事を24日より着工しています。

↓ 着工前の状況



工期は2週間程で、天井には杉の白板、床には信州南波から松、壁には漆喰系塗料のPSPを使った気持ち良い空間になる予定です。

お近くにお越しの際は是非覗いてみてください



↑ いつもお手数ですがよろしくお願いします!!

小学校改修工事 完了検査





今日はいつもと趣きが違いますが・・・7月から取り掛かっていた小学校の改修工事の完了検査に行ってました。



美装などいくつか細かい手直しはありますが、施工も書類も良好とのお言葉を戴きました

↓ 提出書類の山!!!





今年の猛暑の中、カンカンになって4ヶ月頑張ってくれた石川さん&中谷さん、本当にお疲れ様でした!!!!





↑ いつもお手数ですがよろしくお願いします!!

配筋検査



先日長期優良先導モデル住宅の配筋検査がありました!

↓ 検査の模様



検査員の設計士さんが、図面を元に鉄筋の径や間隔、鉄筋に対してコンクリートの厚みがどれくらい取れているかをチェック!!

検査を無事クリアし、コンクリートを打設することができました(^^;

戎工務店では、昨今増えているシロアリ対策として、基礎コンクリートの土間と外周部立ち上がりを一体で打設しています。

↓ 土間&外周部立ち上がりを一体で打設

↓ 外周部立ち上がり&断熱



一体で打設するため手間が増えてしまいますが、住まいを長持ちさせるためには、とても大切なことなのです!!

順調に工事も進んで、12月1日の上棟が待ち遠しいです





↑ いつもお手数ですがよろしくお願いします!!

ご連絡お待ちしています!

 



エビス日記でもご案内させていただいた長期優良先導モデル住宅の基礎を現在着工中です!!(^^;

見えない部分がいかに大切か。

基礎は特に、鉄筋の量や径、均一に施工されているかや、コンクリートが綺麗に施工されているかが強度に影響してきます!!!

ご興味がおありでしたら、右上のお問い合わせフォームか、お電話にてお問い合わせ下さい。

現地にてのご説明も承ります!!!(説明が不要であれば、場所だけお問い合わせいただいてもいいですよ)

ちなみに、住宅には10年の瑕疵保証が義務づけられており、本日の午後より第三者機関による配筋検査(鉄筋がきちんと施工されているかの検査)があります。

上棟が12月1日(水)の予定ですので、それまでの期間内で受付いたします!!

ご連絡お待ちしております(^^;