2011年08月

モデルハウス 臨時休業のお知らせ

 



大変申し訳ありませんが、『つながりの家 鶴甲モデル住宅』は、月3日(土)・9月11日(日)の二日間外部イベントへの賃貸のため臨時休業とさせていただきます。

また、10月より外部イベントへの賃貸やイベント開催に注力してゆくため、担当者常駐の見学日を絞らせていただく予定です。

平日・土曜日のお電話によるOPENは引き続き行っていきますので、お気軽にご連絡くださいませ。


 
 
所 在 地   神戸市灘区鶴甲1丁目4番33号
お問い合せ先 株式会社戎工務店 078-881-0701

不動産の心強い協力者~エステート溝口~



 弊社にて自然素材リフォームをさせていただいたメープル岩屋が、エステート溝口さんの先日リニューアルされたホームページで、おすすめ賃貸物件として紹介されています。  


また、リノベーション物件例として、メープル六甲202号が取り上げられています。


 エステート溝口さんは、社長さんが前勤務先にお勤めの時代からお付き合いがあり、不動産のエキスパートとして20年以上お付き合いがあります。



・ 六甲道にある本社


その一見地味ですが、地域に根差し地域社会や地域の方々の利益を優先するという経営方針は、特に『地味』という部分でワタクシ共と相通ずるものがあり(笑)、長くお付き合いをさせていただいているのです。


昨今の不動産会社といえば、仲介専門のノルマを背負った営業さんばかりで、気忙しく、手数料がいくらかばかりを気にしていて、本当に顧客(貸し手と借り手両方)の利益を考えた行動があまりできていないように感じます。


そういった意味で、不動産のお仕事を深く追求しておられるエステート溝口さんは、土地探しや価格の相談、手続きなど、不動産のエキスパートとして、大変心強いパートナーなのです。


個人的には、以前ある席で社長さんが『僕らは不動産の職人だと思っている』といった事柄のお話ししていただき、その仕事に対する真摯な姿勢に大変心を打たれました。


『住まいづくりの職人』として、住まい手の生活のために、真摯な姿勢で、地域の懐が深くなるようなお仕事をさせていただきたいと再度心に誓ったワタクシなのでした・・・


 



・メープル岩屋103号室は9月上旬募集開始予定♪♪
(写真は川野大工と片山大工) 


資金計画・家づくりセミナーやってます → コチラ

自然素材を使ったパッシブ住宅を体感したい方はコチラのモデル住宅を是非一度ご体感ください!!!


↑ 順位アップのためのクリックにご協力を♪

マンションリフォーム第2弾!!~下地・躯体~

 

マンションリフォームの第2弾!!!


前回のbeforeの部分に引き続き、今回はなかなか見れない解体後の下地・躯体部分を写真を多めでご紹介させていただきます。













こちらのマンションは、30年ほど前に市営住宅等の大部分で使用された、パネル工法にて内装がされているのですが、特に傷みやすい水廻り等下地はしっかりしておりました


こちらもそうでしたが、昔はユニットバスではなく在来(現場製作)のお風呂が主流であったため、解体すると水廻りの木部は、水漏れや湿気で腐食していることが多いのです。(現在はユニットバスが主流のため、その心配は大幅に軽減されています)


戸建を含め、他に下地や構造が傷みやすい部分としては、屋根や庇のない玄関や窓廻りが挙げられます。


ですので、昔ながらの日本建築では、軒や庇を深く出したり、水廻りの部分を下屋や離れにもっていき、構造の中でも主要な構造部から外す事で、主要構造部の劣化を未然に防ぎ、改修や取り替えがし易いようにしていたのです!!



・深い軒、手前の下屋の部分に炊事場・食堂・浴室を配置


・奥の下屋部分に浴室を配置


話がどんどん逸れてしまいますが、新築工事とリホーム工事の両方を取り組む事によって、新築工事には『経年後を想定した設計』を、リホーム工事には『主要構造体を意識した局所にとらわれない工事』をすることができます。


特に、リホーム工事に関しては、300万円未満の工事であれば、許認可等全く不要!!!ですので、悪質業者や営業窓口だけで技術力の無い業者が散見されます。


局所を良くしようとして、全体が悪化することの無いよう、リホームの際は新築工事とリホーム工事の両方を手掛けている業者さんを選ぶことをお勧めする次第です


それが長持ち・・・ひいては健康で快適な生活の秘訣なのです・・・



・子供さんもしっかり視覚に・・・オープンキッチンからリビングの広がり


資金計画・家づくりセミナーやってます → コチラ

自然素材を使ったパッシブ住宅を体感したい方はコチラのモデル住宅を是非一度ご体感ください!!!


↑ 順位アップのためのクリックにご協力を♪

自然素材リホーム・・・ご覧いただけます

 

以前完成見学会を開催させていただきました自然素材リホーム


 


 漆喰を使った403号室は即ご入居となったのですが、残念ながら201号室は契約が流れてしまったことから、特別に期間延長で、お電話をいただければ現地をご案内させていただきます!!


前回ご都合が合わなかった方も、健康を意識し、快適で落ち着く自然素材リフォーム(杉の床板・杉のカウンター・和紙など)を是非一度『体感』してください!!


当日は、現地でリホームの金額も公開しております。
(ちなみに6畳間で杉フローリング12万円、漆喰15万円程です)


またお車でお越しの際は、本社より徒歩3分ほどの場所ですので、弊社の本社駐車場にお停めいただけます。


お気軽にお電話ください♪


場 所  : 神戸市灘区岩屋中町2丁目2-15 メープル岩屋403号室

お問合せ先: 株式会社戎工務店 078-881-0701




自然素材を使ったパッシブ住宅を体感したい方はコチラのモデル住宅を是非一度ご体感ください!!!


何故杉を使うのか・・・などなど、木造で家をつくるからこそ、家づくりセミナーで木を知る事からはじめましょう!!

マンションリフォーム第2弾!!~28年間ご苦労様でした~



マンションリフォームの第2弾!!!


前回はbeforeの部分をあまりご紹介できなかったので、今回の301号室は建物建築当時の内装が残っていることもあり、写真を多めでご紹介させていただきます。


このマンションは、弊社にて31年前に建てさせていただいたのですが、当時は創業者である祖父がバリバリ現役の時代でして、カナリ凝った内装をしております。


凝った分お金もかかったようですが、家賃もほどほど戴けた上に、空室も非常に少なかったとのこと。


ですが、賃貸にお住みの方でお子さんが2人・3人おられるご家庭も少なくなり、なかなか需要と合わないことから、順次3DKを2LDKにリホームしていっているのです。


兎にも角にも、こちらにお住まいの方が、28年間丁寧にお住まいだったこともあり、保存(笑)されていた貴重な内装をご覧ください・・・

























お風呂がマンションタイプのユニットバスの半分・・・立った状態からしゃがんで入るタイプ!!!


現代人には30年前の水廻りでは厳しいですね(笑)


しかし、玄関の靴箱から床のシート、壁紙、そしてなんといっても食器棚!!!


正直食器棚は残したかったのですが、お風呂を広げることにより、ダイニングがLDKのダイニング部分が狭くなるため、食器棚だと非常に圧迫感があるので、泣く泣く撤去することに・・・


しかし嬉しいことに、設備の劣化による水漏れ等によって改装が必要になったため、ご退去いただくことになったご入居者の方が


想い出は見た目では一新されてしまうけど、やっぱり戻ってきたい


との事で、2ヶ月後に再入居いただけるとの事。


なんだかすごく嬉しくなったワタクシなのでした・・・


改装後も、新しい思い出をたくさん作っていただけるよう頑張ります!!!!




・どんどん収穫・・・気が抜けません(笑)


ちなみに昨日の鶴甲モデル住宅はこんな感じ・・・


窓を開ければ風が通るし、湿度も木や漆喰が調節してくれるのでエアコンはいりませんよ♪♪






トマトが付いてくるかも?!・・・資金計画・家づくりセミナーやってます → コチラ

自然素材を使ったパッシブ住宅を体感したい方はコチラのモデル住宅を是非一度ご体感ください!!!


↑ 順位アップのためのクリックにご協力を♪