2011年11月

OMソーラー~蓄熱の力~

今年の冬は寒くなる!!!!

らしいのですが、最近になってやっと少しづつ気温が低下し、秋らしい気候となってきました。

京都の紅葉の見ごろは12月になりそうとの事ですが、寒くなりつつある時期にさしかかり、鶴甲モデル住宅のOMソーラーが、その実力を少しづつ発揮しだしました!!!



・しっかりと太陽の恵みを受け止める、OMソーラーの集熱屋根



・熱を床下に運ぶ経路にいる、東灘区のB.B.SHOPにて購入した『木の蝶々』も大忙し

 

・11月になり太陽高度も低くなって、夏は軒で遮られていた日差しがポカポカと

そして、最近のモデル住宅のOMソーラーの温度状況は!!!!

こんな状況です!!!

最近の朝方と日暮れ後の冷え込みの中でも、室温は18℃と暖房のいらない程度の室温をキープ

コチラを見れば一目瞭然!!!

赤は太陽熱で暖まったOMソーラーの集熱温度青は外気温そして緑が室温

OMソーラーの集熱と、コンクリート土間蓄熱により、外気温が12~3℃の状況でも室温は20℃付近をキープ!!!

コンクリート蓄熱層に昼間の集熱を蓄えておくという蓄熱のおかげで、早朝までその暖かさが持続するのです!!!

これが全館暖房!!として機能しているため、まさに『熱のバリアフリー』として、ヒートショックの無い快適な空間が得られています。

また、

局所的に暖房の効いている部屋だけでなく、すべての部屋を使うことができる 

⇒ 小さくても広く使える家 

となるのです!!!

これからがOMソーラーの快適さを分かり易く体感できる季節・・・とっても楽しみです♪♪

そして、ここでお知らせです♪

来年の1月にOMソーラーの体験見学会を開催します!!

2012年 1月 14・15日  

: 既お取引先様への感謝祭として、モデル住宅にてホームパーティを!!(お餅つきや炊き出しを計画中です

2012年 1月 21・22・28・29日

: 新規顧客様対象の『木の家&OMソーラー』体験見学会を開催させていただきます!!

詳細は後日になりますが、新着情報等でお知らせをさせていただきますので、要チェック!!!

お楽しみに~♪♪



・ウチがお世話になっているTSウッドハウスの亀井さんトコの木材が『徳島県知事賞』を受賞!!!!明日からの伐採ツアーがとても楽しみです(^^

家づくりの第一歩は資金計画から、資金計画セミナー・家づくりセミナーやってます → コチラ

自然に抱かれる心地よさ・・・自然素材を使ったパッシブ住宅を体感したい方はコチラのモデル住宅を是非一度ご体感ください!!!

Facebookではつながりの場として(^^; ⇒ コチラ



↑ 順位アップのためのクリックにご協力を♪

木の良さを引き出す~葉枯らし乾燥~

本日は、前々回の日記でお話をさせていただきました、『木を活かす』ため木の特性を知るというお話の続きをさせていただきます。

今回のテーマは『木の乾燥方法』について。

私たちは岐阜・和歌山・吉野(奈良)・宍粟(兵庫)・徳島・鹿児島など、良い構造材を求めて様々な地域をご訪問させていただきました。

そんな中で、良い構造材であっても乾燥方法によって大きな違いが出ることが分かりました。

木の乾燥方法には、大きく分けて2つの方法があります。

それは『自然乾燥』『機械乾燥』です。

TSウッドハウスさんの資料で、両社の違いについて分かり易いものがあったのでご紹介します。

PDF資料はコチラ

上記資料の中で、特に

・切り旬を守る            

⇒  腐食な虫害の原因となるデンプン質が少ない秋~冬に伐採するので、腐食や虫害に強い材となる。

・時間をかけて自然の力で乾燥  

⇒  豊かな色艶と香り。化石燃料に頼らない低温での乾燥に伴って、木のオイルが抜けないため、腐食や虫害に強い材となる。 

この二つによって、本来求められるべき構造材の数値には表れない強さが発揮できるのだと思います!

かたや『機械乾燥』によるメリットですが、ワレやクルイを木の内部に抑えることと、短納期による歩留まりの良さでコストが抑えられるということになります。

また、『自然乾燥』には更に、目には見えない効果として香りや視覚・触感・音などのものがあります。

(PDF資料はコチラ

上記の良さによる複合的な結果なのか、鉄筋コンクリートの校舎と木造の校舎で、インフルエンザによる学級閉鎖率が大きく異なるなどの結果も出ています。

・ 木造校舎          10.8%(287学級)

・ 鉄筋コンクリート校舎   22.8%(435学級)

明確な理由をあげるのは難しいようですが、公正な手法でのそれなりの数のサンプリングの中での結果であり、目には見えませんが、間違いのない効能だと思います。

先人たちが古の時代から受け継いできたもの・・・こういった数値や目には見えない良さというものを、利便性や工業化の中で私たちは失ってしまいました。

今回ご紹介させていただいた『自然乾燥』『機械乾燥』に代表されますように、本質的にいいものは今の工業的なやり方よりも少しお金と時間がかかります。

衣食住という言葉に代表されますが肌に触れたり、身体の中に取り入れたりするものと同じように、私たちは住まいに対して本質的な良さに充分に配慮、家づくりを行っていきたいと考えています。

 

 ・先日何故かウチの本社ビルの5階で捕獲されたヘビ君!ご利益があるのかも

 

家づくりの第一歩は資金計画から、資金計画セミナー・家づくりセミナーやってます → コチラ

自然に抱かれる心地よさ・・・自然素材を使ったパッシブ住宅を体感したい方はコチラのモデル住宅を是非一度ご体感ください!!!

Facebookではつながりの場として(^^; ⇒ コチラ



↑ 順位アップのためのクリックにご協力を♪