2019年08月

リノベーションショールームお披露目会 日程変更のお知らせ





表題の件に関しまして、消費税増税によるお客様優先の現場調整を行った結果、9月中旬頃の完成お披露目へと変更させていただきます。







詳細が確定致しましたらこちらのブログにてご連絡させていただきます。





















お楽しみに♪

夏季休業のおしらせ





勝手ながら弊社では下記の期間を夏季休業とさせて頂きます。







期間  8月11日(日)~8月16日(金)







緊急のお電話につきましてはは代表電話の転送にてお受けいたしております。







職人さんの都合によっては8月19日以降でしか対応不可の場合もございますのでご了承くださいませ。











夏の気温上昇


関西ではようやくジメジメとした梅雨が明けいよいよ夏本番といったところでしょうか




汗だくの時期がはじまり、ふと去年と11年前の気温を調べてみました。








ヒートアイランド現象等温暖化が原因です。気象庁の将来予測をみると




100年後には「猛暑日」が40日増える、最高気温と最低気温の差が少なくなっていき平均気温の上昇すると予測されています。




近年”冬のヒートショック”問題が盛んに言われていますが実は冬の寒さと同じくらい”熱中症と夏のヒートショック”も大切なのです




元来日本の建物は夏の暑さに対し特有の対応をしてきました。




聴竹居




直射日光を遮る縁側の長いひさし。
南北に大きく開いた間口。
柱を梁でつなぎ、壁を減らした構造。
細かく仕切ることも、全て開放することも出来る障子。
湿気をためないよう通気性を保つ床下。




しかし現代の日本の気候はそれらでは対応できないほど”暑い”のです。




別の角度からのサーモクラフィ