エビス日記

戎工務店の日々の出来事などを少しでも家づくりのヒントになればと、徒然なるままに書き綴ります。

基礎工事~地業・型枠・鉄筋・コンクリート~


↑ パッシブな木の家で『小エネな住まい』を広めよう!クリックにご協力を! ↑

 

今回は住宅の基礎の施工の様子をご紹介。


今回は設計事務所さんの仕様に基づいた工事となっています。


いつもと大きく違うのは、フクビさんのアリダンVシートと呼ばれる防蟻シートを


砕石敷き後、捨てコンクリートの前に敷き込んだ事と、


鉄筋がダブル配筋となっている事。


このシート人に触れない部分に敷き込むのっていうのが良いですね。


ここからは写真を中心にご紹介。


 
・砕石敷き後アリダンVシート(防蟻剤の入った樹脂シート)を敷く


・ジョイントは専用のテープ 専用のピンで押さえつけ



 この後捨コンと呼ばれる水平面を出す&墨だしをしやすくするコンクリートを打設。



そして配筋(鉄筋組み)へ。



 


ダブル配筋なので凄い鉄筋量です。


・コンクリートのかぶり厚を確保するためのスペーサー



・ダブル配筋なので2段目のかぶり厚を確保する特殊なスペーサーも



・鉄筋を曲げる機械



・鉄筋を切断する機械



・土間コンクリート打設後の状況



・基礎コンクリート立ち上がりの型枠に剥離剤を塗布



・立ち上がり部の目粗し(コンクリートの密着を良くするため)状況






起工式の際に牧師さんもおっしゃっておられましたが、住まいで一番大事なのは基礎・土台です。


数値だけでなく中身も伴わなければなりません。


住宅販売会社でなく、ものづくり工務店として、


プライドを持ってやっている部分でもあるのです。


ちょっと長くなってしまったので、コンクリート打設の状況は次回に。


お楽しみに~。



↑ 最後にワンクリックお願いします! ↑

賢い土地の探し方・資金計画など、家づくりセミナーやってます → コチラ

人間も自然 自然が調和するパッシブ住宅を体感したい方はコチラのモデル住宅を是非一度ご体感ください!!!