エビス日記

戎工務店の日々の出来事などを少しでも家づくりのヒントになればと、徒然なるままに書き綴ります。

縁側とウッドデッキ


↑ 木の家っていいなと思った方はクリックを♪ ↑



 

今回はここのところ発注増加中のウッドデッキ。



ウッドデッキ・バルコニー等は元々海外のモノで、日本は縁側の文化でした。







高温多湿の日本において、室外で雨を受ける面に屋根をかけずに木材を使用する



事は、長持ちせずあまり良くないと考えたからだと思われます。



ですので、開国後海外の文化が入ってきても外の縁側には屋根をかけ、バルコニー



(屋根が無い)はベランダ(屋根がある)として下屋(1階の屋根)の上に設置する



など、日本の気候風土に合うよう手直しをして取り入れていました。



まさに職人気質の大工あってこその手直しであったと思います。





・下屋の上に屋根をかけた縁側




・下屋の上にバルコニーを施工した例



ですので、部屋の上に屋根の無いバルコニーを施工しちゃうような場合、経年による



防水切れで雨漏りの可能性がとても大きいことを覚悟してください。



特に、三階建てのルーフバルコニーは面積も大きいし可能性大。



やる場合は、10年おきに確実に防水をやり替えてください



といいつつ、デッキに関しては昨今はイペや別名アイアンウッドと呼ばれるウリンなど、



水に沈むような硬くて腐りにくい材が手に入るので、そういったものがお薦め。



それでは次回はウリンデッキの施工例をupさせていただきまーす。



お楽しみに♪♪




↑ 最後にワンクリックお願いします! ↑

  

家づくりは『体感』と『勉強』から 家づくりセミナーやってます → コチラ

まずは『体感』から暮らしをイメージする 体感は コチラ のモデル住宅へ