エビス日記

戎工務店の日々の出来事などを少しでも家づくりのヒントになればと、徒然なるままに書き綴ります。

断熱をすること②


今回は対流に関してのお話です。









断熱性能が低い 湯船・蓋などは 熱を逃がしてしまうので図のようになり、昔のお風呂で経験するような入ってみると冷たいのはこのような理由です。




住まいではどうでしょうか




住まい全体や室内で熱が対流し、温度が均一になることは問題ではなく住まいの外、外気との熱対流を行う事が問題なのです。では住まいの室温と外気が熱対流することをを防ぐにはどうすればよいか




気密を高める




端的にお伝えすると気密性を上げる=隙間を少なくすることです。




具体的には




気密も確保できる断熱材の施工や
気密シート、玄関や窓の入れ替えもしくは内窓等の施工と施工精度により気密は上がっていきます。




余談ですが気密が高い空気の流れが出来ますのできちんと換気を行えば、各部屋の空気がよどむ、一か所に湿気が留まることがなくなりより新しい空気が住まい全体に循環します。




気密を高めることにより外気との熱の対流を防ぐ、外気からの熱の移動を防ぐことで外気に左右されない快適な住まいづくりが可能となります。       








宣伝になりますが、本日発刊のフリーペーパー雑誌¨ライフプラス¨に弊社の施工物件を掲載していただいております。スーパーのLIFEやダイエー、COOP等に並んでおりますので是非、手に取ってご覧ください。




WEB版はこちらです。