wood

woodニュース

2021.05.21

木を活かす~木の特性を知る~

今回は、木造住宅の要である『木のお話』をさせていただきます。

以前お話させていただいたように、えびす工務店では在来軸組構法の木造住宅を手がけさせていただいております。

在来軸組構法とは、日本古来の伝統構法の大工さんに頼っていた部分を簡素化(筋交いの設置や、接合部を仕口や込栓みから金物にするなど)し、発展させたもので、木造住宅のうちの7割を占める構法です。

実は、伝統構法は現行の建築基準法では確認申請に1年以上もかかることもあり、施工されている工務店さんはごくわずかなのです。


・仕口、込み栓の数々


・込み栓施工例


・金物施工例

伝統構法を発展させた在来軸組構法ですが、当然のごとく構造材(土台・柱・梁)は構造の要となります。

構造材については、戎工務店では土台は檜、柱と梁、床や一部天井には天然葉枯らし乾燥の杉を使っています。(別途県産材仕様有り)

ワタクシ共が数ある木の中で、何故杉を使っているのかと言いますと・・・

・ 森林が国土の7割を占める日本の大きな資源で、その大部分を杉が占めること

・ 自然の良さを生かし、あまり手を加えず(低生産エネルギー)使えること

・ 粘り強く腐りに強いこと(徳島杉はもともと船材用)

・ 杉は熱伝導率が低く熱を奪いにくいため、温かい暮らしが実現できること

・ 調湿性があり、体感温度を上手くコントロールしてくれること

・ 杉の香りは大変優しく、木目が安らぎを与えること

など、大変良い点があるからです。

その反面

・ 傷がつきやすく、濡れたまま放置すると染みになること

・ 調湿するので湿度によって伸縮すること

・ 木目や節など、均一なものは存在しないこと

などのデメリットと感じられる点もあります。

物事には必ず良い面と悪い面がありますので、それを勘案したうえでも良さの方が大きいと感じ、杉材を使っています。

そして木の事を勉強すればするほど、その良さを最大限に生かすためには、乾燥に充分な配慮をしなければいけないことが分かったのです。

そのことを教えてくださったのが、山主で林業家、製材所でもあるTSウッドハウスさんでした。

そしてその木を最大限に生かす方法が、高温や中温乾燥でなく、山での葉枯らし・土場での桟積みによる昔ながらの天然葉枯らし乾燥です。

 

お気軽にお問い合わせください。

TEL078-881-0701

受付時間 10:00~17:00(日・祝除く)

お問い合わせ

お問い合わせの方は以下のフォームをご記入ください。相談会、イベント申し込みの方は、メッセージ本文欄にご希望の日時をお書きください。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

住所

電話番号

お問い合わせ項目(複数回答可)

メッセージ本文