打合せ・設計

傾斜地の家(超高断熱・高気密住宅)


人気ブログランキングへ

↑ 『木の家』が良いと思った方はクリックを♪ ↑

 

 

さて今回は、ワタクシがバタバタで手が回らずにてご紹介できておりませんでした、

 

先月無事お引渡しとなりました『傾斜地の家』。

 

こちらのお住まいは、素材をそのまま生かす設計をされておりワタクシ共と価値観の合う、素敵なご夫婦が営む

 

H+Mアトリエさんという設計事務所さんよりご用命いただいたもので、それでいて今回は

 

超高断熱・超高気密のお住まいとなります。

 

こちらは認定低炭素住宅となり、断熱性を示すUA値は0.54(=Q値1.8)、気密性を示すC値は0.78でした。

 

ちなみにワタクシ共は次世代省エネ基準(Q値2.7以下)を標準としております。

 

キチンと建てれば快適で長持ちするが、少々費用が掛かる。

 

でも点検時に

 

「何もないですよ」

 

ではなく、

 

「快適ですよ」

 

になる。

 

それでは、その「快適ですよ」な住まいのミソでもある、断熱気密にかかわる施工の模様をチラリとご紹介。

 







 

気密性もですがシロアリ対策にもベタ基礎は必須!

 

2階建てですが、傾斜地のため1階と地下及び地下倉庫のような基礎です。

 



 

しっかりとしたシンプルな軸組は家を支えるとともに、気密性が取りやすい構造とも言えます。

 



 

墨付けのうえ、耐力計算にかかわる釘ピッチも、キッチリ丁寧に施工することが施工精度向上につながります。

 



 

こちらのお宅は、断熱に関して気密性にもとても優れたアイシネンを施工しました。

 



 

結露しやすい地下倉庫内もアイシネン。

 



 

床はボード気密工法にて高い気密性を確保。

 



 

アイシネン施工のうえ、更に気密シートを施工し気密テープにて高い気密性を。

 



 

地下倉庫の床はスタイロフォームですが壁際もしっかりと気流止めを施工し、気密性を確保。

 

こういった細部にこだわる施工が、暮らしてからの快適性に大きく差をつけるのです。

 

本当に「いい家」は、完成後の見た目では分からないのです。

 

それではここで、OMソーラー全国経営者会議でもご講演いただいた近畿大学岩前教授のコラムをご紹介。

 

こちらのコラムに紹介されているように、

 

高断熱高気密が家族の健康を守り、快適性を与え、ランニングコストを減少させます

 

また、H+Mアトリエさんのブログでも気密シートと気密テープの施工状況が観ていただけます。

 

建材の数値としての断熱性だけでなく、それを生かす丁寧な施工が高い気密性を実現し、本当の性能を発揮します

 

まさに時代の流れは『省エネ』から『小エネ』へ!

 

私たちは工務店に求められている、丁寧かつ確実な施工を確実に行って行きます。

 

 


人気ブログランキングへ

↑ 最後にワンクリックお願いします! ↑

それぞれの理由~母屋と離れ~


人気ブログランキングへ

 

師走の候、風邪など召されずお元気にお過ごしでしょうか。

さて本年もたくさんのご用命をいただき、誠にありがとうございました。

またまた久々過ぎて何からお伝えしようかというところですが、まずは

現在追込み中のすまいにて、計画時に製作した模型からご紹介、、、





母屋と離れがひっついた形で、母屋だけで4人家族が十分に生活でき(28.05坪+ロフト6.26坪/2-吹抜け等1.5坪/2=30.43坪)、

離れは趣味室(アトリエ)と和室(13.49坪+ロフト3.5坪/2=15.24坪)となります。

建物のプロボーションを確認するために製作した模型ですので、細部までは作りこんではいないのですが、

雰囲気をお伝えできればと思います。

そして建築中の様子を端折りながらですがご紹介、、、




 

基礎はいつもの立ち上がり・玄関ポーチ一体打ちにてシロアリをブロック。

また基礎断熱&気密によって床下は室内空間となり、OMソーラー導入もあって足元から快適に。

 



 

上棟には棟梁の川野大工をはじめ、8名もの大工さんが参加。

 



 

耐震性・透湿性・維持強度・自然素材の項目にて高得点のモイスは標準となりつつあります。

 



 

屋根断熱は、高断熱の代名詞フェノールフォームの外断熱にて。

モイスもフェノールフォームも高価格ですが、良いものは良い値段がする理由があるというもの。

 

 



 

OMソーラー搭載ということもあり、屋根の防水は透湿性のあるタイベック。

 



 

そしてこちらのお宅は、暖房・換気・給湯のOMソーラーに発電を加えた、「OMクワトロソーラー」を搭載!

 



 

OMソーラーの全館暖房にて、明かり・開放性・気配・空気の循環にて大きなメリット

のある吹抜けも。

 



 

棟梁と監督の打ち合わせにも熱が入ります。

大工さんの技術も、監督の現場管理能力も問われる仕事です。

2月頃の竣工お披露目をお楽しみにお待ちくださいませ。

 


人気ブログランキングへ

 

「連窓でつながるまちなかOMソーラーの家」 つくりました!

人気ブログランキングへ

↑  いいね! でクリックを!  ↑

 



 

 

書く度に「ご無沙汰しております」にて大変恐縮ですが、落ち着かない日々にて

 

 

なかなか皆様にお会いできないことは私の至らなさであります。

 

 

しかしそんなこんなでも現場・設計は着々と進行中にて、まずは5月末にお引渡し

 

 

をさせていただきました市内某所の「連窓でつながるまちなかOMソーラーの家」

 

 

の完成写真をご紹介させていただきます。

 

 





































 

 

こちら住まい手さんはなんと一級建築士さん。

 

 

ということで、設計協力と施工の立場で関わらせていただきました。

 

 

さすがは一級建築士さんで、OMソーラーの空気の循環を逆手に取り、

 

 

吹き抜けの代わりに二階の床にガラリを設けたり、連窓で視線と空気を

 

 

つなげてみたり、勾配天井の居間、ストリップ階段、食堂のベンチなど

 

 

見どころ満載です。

 

 

植栽も家族や住まいとともに成長していくような小ぶりの植栽に抑え、

 

 

仕上げを統一し、ロフトは一部素地仕上げにするなど上手に費用配分を

 

 

されておられます。

 

 

とにもかくにも久しぶりの更新となりましたが、引き続きよろしくお願い

 

 

致します。

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

↑  最後にワンクリックお願いしま~す  ↑

土地の実力を把握し設計する~設計士による敷地調査~

 

消費税増税法案が衆議院で可決され、成立した影響か


敷地調査やプラン相談、リホーム相談で落ち着かない日々が続いています。


現在工事がフル稼働している上、来年の話もチラホラと固まりつつあり、


おかげ様で当分の間はバタバタした日々が続きそうです。





土地の購入やプランの作成時に、建築士が現地調査をすることがとても大切であると


以前よりブログをご拝見下さっておられる皆様はよくよくご存じかとは思いますが、


今回も敷地調査の模様です。






 






敷地はコンパクトですが、非常に素晴らしい環境です♪♪


単純に寸法や境界を確認するのと違って、「周辺環境とどう調和するのか」


「暮らしとどうつながるのか」を想像しながら写真を撮ると、暮らしと直結する


住まいとしての本当の実力が見えてきます。


ここで敢えてプラス点・マイナス点を文字にすると


①東側の天然の借景、川の水の流れの音など、住まいをくつろぐ事ができる

②傾斜地であり、2階からの眺望が良い

③法規上駐車場からの3階建てとしてもコンパクトな住まいになる

④地下駐車場は撤去し、やりかえる必要がある

⑤北側斜線により、駐車場を含めた各フロアの階高を抑える必要がある


などです。


敷地条件は千差万別で、なかなか100点満点の敷地は存在しませんが、


写真からも“ビビッ”とくるお住まいになる敷地だと確信しました。



傾斜地では、北側接道の敷地でも意外といい住まいになるんです♪♪


↑ 拝見していただいたあなた。最後にワンクリックお願いします! ↑

 

賢い土地の探し方・資金計画など、家づくりセミナーやってます → コチラ

人間も自然 自然が調和するパッシブ住宅を体感したい方はコチラのモデル住宅を是非一度ご体感ください!!!

模型~プロポーションを確認する~

↑ 木の家を広めるためクリックにご協力を! ↑

 

おかげさまで最近バタバタさせていただいているワタクシ共。


ここのところブログの更新が少し遅めではありますが、懲りずにお付き合いいただければ幸いです。


さて本日の話題は模型!


現在進行中の『つながりの家 鴨子ヶ原プロジェクト』ですが、岩堀さんが外観プロポーション確認の為に1/100の模型を作ってくれました。


『いい家』には暮らしが営まれる部屋内の良さが大切なのですが、家族や周辺の方々に愛されるような外観もとっても大事なのです。


今回の敷地は東南角の敷地という事で、その方向からの家のプロポーションを確認するため、半日で制作。


内部資料としての模型ではありますが、南側~東側の外観をチラリとご紹介させていただきます。






 







なかなか素敵なプロポーションでしょ?


母屋と離れの屋根が重なり合う感が、とてもいい雰囲気を出してくれると思います。


またこちらの模型にて、日射や窓からの景色もバッチリ検証。


これからの詳細設計がとても楽しみになってきました。



建ぺい40%、容積80%、第一種低層、風致地区・・・規制の厳しい地区だけに街並みが守られています。


賢い土地の探し方・資金計画など、家づくりセミナーやってます → コチラ

人間も自然 自然が調和するパッシブ住宅を体感したい方はコチラのモデル住宅を是非一度ご体感ください!!!