日々の業務

次世代省エネ建材支援事業活用にて断熱リフォーム施工中①





現在神戸市内にて『街なかの断熱リフォーム(断熱リノベーション)』プロジェクトが進行中です。








住まい手は震災後に中古でハウスメーカー(Pホーム)の住宅を購入され、長い間お住まいでした。




この度子供たちも巣立ち、ご主人も会社を卒業される時期が近づきある中、
“夏暑く冬寒い”暮らしを改善したい』と弊社HPよりお問合せ、 ご相談をいただきました。




当初は長期優良リフォームにて検討ご希望でしたが、詳細図面が無い=評価基準型のみ対応可能ということで、顧客支援担当と設計が改めて補助金について調査。




その結果、“次世代省エネ建材支援事業” に切り替えて170万円ほどの補助金交付決定を得ての工事となりました。








ビルダーさんが詳細図面出してくれない




ビルダーがハウスメーカーさんや建売りの場合に、詳細図面が無い詳細図面を出してくれないという障壁があり、苦労するポイントです。




私も気づいていませんでしたが、工事完了後に竣工図をくれるビルダーかどうかは、改修工事のし易さに関わってきますので、ビルダー選びの重要なポイントだと再確認しました。




ただ綿密に調査したところ、こちらの建物は築40年近い軽量鉄骨造ではあるものの、断熱仕様としては外周部に100mmのグラスウールと防湿シートが張られており、現状の建売住宅と同程度の仕様で当時としては高い仕様でした。












それでも『夏暑く冬寒い原因』があるということは、数値上だけでない原因があり、その原因も改善していく必要があります。




調査の結果、原因は①外壁の熱橋:外壁直貼りで熱橋が60mmの外壁材であるため、外壁や鉄骨自体が“夏熱く冬冷たく”なり室内側へ放熱してしまう、②小屋裏の熱橋:小屋裏空間が小さく隙間があるため室内天井との熱橋の緩衝地帯として機能していないこと、③窓の熱橋:窓の性能が低さが主な原因と考えられました。
















費用対コストを検討し、この3つの熱橋を改善するために今回は、①外壁の熱橋→高断熱パネルを室内側に充填、②小屋裏の熱橋→屋根改修と共に高断熱パネルを天井に充填 、③窓の熱橋→サッシ入替え・内窓設置を選択しました。




長くなってしまったので続きは施工編へ。




上手な換気





『換気をして下さい』と言われると、とりあえず窓を開けますよね。




ですが実際に換気が出来ているかどうかなんて目では確認できません。




効率の良い『換気』はどうすれば出来るのでしょうか?




POINT   換気経路を考えること




参照 日本建築学会




換気を行ううえで重要なのが換気経路です。




住み手が普段⽣活する居室にはできるだけ新鮮 な空気を供給し、汚染物質の発⽣しやすい場所(トイレや浴室、台所等)はできるだけ⾵下 に設置することが望ましい。(日本建築学会参照)




このような発表をされていますが実際はトイレ・お風呂は個別換気されていることが多いと思います。




個別換気=吸気口と換気扇が同じ部屋にあれば、窓を開けなくても換気は出来ます。




ですが吸気口・換気扇がない場合、室内では可能な限り対角線上に窓を2か所開け換気を行うのが良いです。




また風上の窓は15㎝程開け外気を取り込み、風下の窓は全開し、内気排出することで換気の効率は良くなります。




吸気は15㎝ 排気は窓全開で




部屋に窓がなかったり、1つしかない場合は扇風機を窓に向けて運転、もしくは隣の部屋のドアを開け換気経路をつくり同時に換気するとよいです。




ワンルームマンションは窓が1つの場合がありますので玄関と窓で経路をつくる等の工夫をして効率よく換気を行いましょう。




下の図はワンルームマンション以外の換気経路の例です。




参照 日本建築学会




換気のみならず、新築計画時に様々なシミュレーションをすることはとても大切なことです。




ですがまずは自分でやってみて体感すること!




皆様も効果的な換気をおこない、みなでコロナウイルスを倒しましょう!





断熱をするということ


『住まいを建てるうえで断熱大切ですよ』、『省エネには高い断熱性能が..』




よく聞くセリフですが、『断熱をする』とは実際の所、どのような意味なのでしょうか




住まいにおける『断熱をする』とはグラスウールやセルロースファイバー等の断熱材を連想する方が大半かと思われます。




実際に住まいを『断熱する』とは熱の伝導・熱の対流・熱の輻射を防ぐことで




熱の伝導⇔断熱材、熱の対流⇔気密材、熱の輻射⇔遮熱材




大きく分けてこの3種で対策することで住まいを『断熱をする』ことになります。




ですからいくら断熱材が素晴らしい性能であっても他の2つが疎かであると省エネでもなく、温かいわけでもない住まいになってしまいます。




次回はこの3種類の方法についてご説明していきます。




1日に吸う空気の量


気にすることなんてまずないですよね。




おおよそ18~20kgだそうです!水分は1.2kg、食物は1.3kg。




1日に摂取するものの80%は空気で、学校に行って勉強・部活をしたり、会社に行って仕事をしたり、洗濯や掃除・晩御飯の買い出しに行ったり等いろんな場所でいろんな事をこなしながら日々をおくっているわけですが、




一番空気を吸っている場所は自宅です!!








では”空気の質がよい”とはどのような意味でしょう 
2つ意味があり




①PM2.5等の人体に喘息等の悪影響を及ぼす微粒子物質が極力除去されている




②空気の温度 すなわち室内温度が 目安の夏は28度、冬は20度 であること




①は空気清浄機を使われている方が多いのではないでしょうか 戎工務店では空気清浄機以外に珪藻土や漆喰、無垢材を使って室内環境を良くしていこうと努めています。




②はどうでしょう 全館空調で室内温度が一定、断熱機密が高い住宅にお住まいの方はまだまだ少なく、上記の室内温度が保たれている住まいはあまり多くないと感じます。




私が子供のころは喘息もちでした。自分の部屋は朝起きると白い息が出たのを覚えています。当時の家は目の前に山があり川もながれ自然環境は良かったと思っています。




ただ寒かった。




起きているとき、寝ているときに冷たい空気を吸っていたので気管支が炎症を起こし喘息になったのではと今では思います。




お住まいの″空気の質″はどうですか?




気になる方はどうぞお気軽にご連絡ください。→こちら

N邸新築工事着工しました。


年末に契約いただいたN様邸新築工事が地鎮祭を終えスタートしました!




基礎の掘削工事








ベタ基礎

掘削→捨てコンクリート打設→配筋→基礎コンクリート打設と進んでいきます。




この工事が終わりましたら砕石を敷いて地盤を固めていき、コンクリートを打設していきます。




基礎コンクリートの一体打ちで継ぎ目なく施工することと、ダブル配筋での打ちっぱなし基礎は、シロアリ対策、耐震を考えた先に行きついた、戎工務店のこだわりの一つです。




なぜならシロアリは乾燥に弱く、外気にさらされると死んでしまうため、蟻道をつくって侵入してきますが、べた基礎の住宅では、コンクリート打ち継ぎや基礎に塗った仕上げモルタルとの隙間から侵入してくるからです。








ですが基礎を打ちっぱなし仕上げにしている住宅はほとんどありません。




それは基礎の一体打ちには手間=コストがかかり、また基礎クラックが発生した際にクラックが目に見えるため、クレームにつながるからです。








弊社では信頼のおける職人さんに手間をかけていただき、施工精度を高め、基礎を打ちっぱなしにて施工しています。








現在N邸は3月28日の上棟に向けて、基礎の品質を高めるための養生期間中です。




4月~5月にかけては、構造見学会を予定しております。




構造見学会は、普段見れない住宅の構造部分や断熱状況を見れる機会です。




こちらの住宅は全館空調であるパッシブエアコン搭載住宅ですので、そちらも是非注目してください。








みなさまには是非一度ご覧になっていただきたく、ご興味のある方はこちらまでお問い合わせくださいませ。