その他

今度の週末は家族でDIYチャンレジしちゃう?第2弾


この度DIYチャレンジ第2弾としまして、DIY動画を公開しました。




今回DIYで作ったのは、サイドテーブルと椅子型の小物入れです。




手軽に取り組んでいただけるよう、材料は購入したホームセンターのカットコーナーであらかじめカットした材料を使用しています。(必要な材料は動画の概要欄をご覧ください)




ご自宅ではネジ打ちの寸法を測って組み立てるだけなので、お子さんと一緒に作ることができます。




余裕があれば、お子様と一緒に色を塗っていただけると良い思い出になると思います。




作業する屋外スペースが無い場合は、ホームセンターでも売っている養生材を床に貼れば室内でも作業可能です。




サイドテーブル




椅子型小物入れ




是非ご家族でチャレンジしてみてください。




サイドテーブルのDIY動画はこちら




椅子型小物入れの動画はこちら

GW長期休暇のお知らせ


平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。




誠に勝手ではございますが、平成30年4月29日(水)より平成30年5月6日(日)までの間、ゴールデンウィーク休暇としてお休みさせていただきます。※5月7日(月)より通常営業いたします。




緊急のご連絡は会社にご連絡いただけますと担当者へ転送致します。




    戎工務店電話番号  078-881-0701





お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

上手な換気





『換気をして下さい』と言われると、とりあえず窓を開けますよね。




ですが実際に換気が出来ているかどうかなんて目では確認できません。




効率の良い『換気』はどうすれば出来るのでしょうか?




POINT   換気経路を考えること




参照 日本建築学会




換気を行ううえで重要なのが換気経路です。




住み手が普段⽣活する居室にはできるだけ新鮮 な空気を供給し、汚染物質の発⽣しやすい場所(トイレや浴室、台所等)はできるだけ⾵下 に設置することが望ましい。(日本建築学会参照)




このような発表をされていますが実際はトイレ・お風呂は個別換気されていることが多いと思います。




個別換気=吸気口と換気扇が同じ部屋にあれば、窓を開けなくても換気は出来ます。




ですが吸気口・換気扇がない場合、室内では可能な限り対角線上に窓を2か所開け換気を行うのが良いです。




また風上の窓は15㎝程開け外気を取り込み、風下の窓は全開し、内気排出することで換気の効率は良くなります。




吸気は15㎝ 排気は窓全開で




部屋に窓がなかったり、1つしかない場合は扇風機を窓に向けて運転、もしくは隣の部屋のドアを開け換気経路をつくり同時に換気するとよいです。




ワンルームマンションは窓が1つの場合がありますので玄関と窓で経路をつくる等の工夫をして効率よく換気を行いましょう。




下の図はワンルームマンション以外の換気経路の例です。




参照 日本建築学会




換気のみならず、新築計画時に様々なシミュレーションをすることはとても大切なことです。




ですがまずは自分でやってみて体感すること!




皆様も効果的な換気をおこない、みなでコロナウイルスを倒しましょう!





断熱をすること②


今回は対流に関してのお話です。









断熱性能が低い 湯船・蓋などは 熱を逃がしてしまうので図のようになり、昔のお風呂で経験するような入ってみると冷たいのはこのような理由です。




住まいではどうでしょうか




住まい全体や室内で熱が対流し、温度が均一になることは問題ではなく住まいの外、外気との熱対流を行う事が問題なのです。では住まいの室温と外気が熱対流することをを防ぐにはどうすればよいか




気密を高める




端的にお伝えすると気密性を上げる=隙間を少なくすることです。




具体的には




気密も確保できる断熱材の施工や
気密シート、玄関や窓の入れ替えもしくは内窓等の施工と施工精度により気密は上がっていきます。




余談ですが気密が高い空気の流れが出来ますのできちんと換気を行えば、各部屋の空気がよどむ、一か所に湿気が留まることがなくなりより新しい空気が住まい全体に循環します。




気密を高めることにより外気との熱の対流を防ぐ、外気からの熱の移動を防ぐことで外気に左右されない快適な住まいづくりが可能となります。       








宣伝になりますが、本日発刊のフリーペーパー雑誌¨ライフプラス¨に弊社の施工物件を掲載していただいております。スーパーのLIFEやダイエー、COOP等に並んでおりますので是非、手に取ってご覧ください。




WEB版はこちらです。




コロナウィルスにおける対応