完成写真

「連窓でつながるまちなかOMソーラーの家」 つくりました!

人気ブログランキングへ

↑  いいね! でクリックを!  ↑

 



 

 

書く度に「ご無沙汰しております」にて大変恐縮ですが、落ち着かない日々にて

 

 

なかなか皆様にお会いできないことは私の至らなさであります。

 

 

しかしそんなこんなでも現場・設計は着々と進行中にて、まずは5月末にお引渡し

 

 

をさせていただきました市内某所の「連窓でつながるまちなかOMソーラーの家」

 

 

の完成写真をご紹介させていただきます。

 

 





































 

 

こちら住まい手さんはなんと一級建築士さん。

 

 

ということで、設計協力と施工の立場で関わらせていただきました。

 

 

さすがは一級建築士さんで、OMソーラーの空気の循環を逆手に取り、

 

 

吹き抜けの代わりに二階の床にガラリを設けたり、連窓で視線と空気を

 

 

つなげてみたり、勾配天井の居間、ストリップ階段、食堂のベンチなど

 

 

見どころ満載です。

 

 

植栽も家族や住まいとともに成長していくような小ぶりの植栽に抑え、

 

 

仕上げを統一し、ロフトは一部素地仕上げにするなど上手に費用配分を

 

 

されておられます。

 

 

とにもかくにも久しぶりの更新となりましたが、引き続きよろしくお願い

 

 

致します。

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

↑  最後にワンクリックお願いしま~す  ↑

自然素材リホーム&DIY ~完成~


↑ 木の家っていいなと思った方はクリックを♪ ↑





今回は前回の自然素材リホーム&DIY(Do It Yourself)の完成の写真。



それでは早速ご覧ください。

















そうなんです。



まだお引越し中でした(汗)



それでは引越しの模様リホーム後引越し中の模様をご覧ください(笑)







大工さんが作った杉のフリー板の棚はお子様の遊び場に(笑)





杉の棚は寝るトコじゃありません(笑)


でも気持ちいいんだろうなぁ。





部屋全体の雰囲気はこんな感じ。


杉板と珪藻土で、なんとなくやわらかい空間に仕上がりました。





そして外部には植栽向けのレインセラー(雨水利用タンク)。


ステンレス製は少々お高いのですが、水が腐らなくてとってもいいんです。





なんとキッチンはご家族でペインティング。





洗面台まで可愛くペインティング。





壁はT様がDIYで塗ったエコクイーン(珪藻土)。





玄関ホールもDIYでグレーのエコクイーンを。


そして一番の驚きがコレ。





分ります?


杉の床材を張っているんです。


なんと住まい手さんが。


こんな状態…





より良いものを上手く取り入れるためのDIY。


まさに時代がきたなと感じます。


そうこうしている間に家具が届いて、子供さんたちは大はしゃぎ。


まぁ、ワタクシも一緒にずっとはしゃいでおりましたが。(笑)





杉床にアンティーク調の家具って合うんですよね。





ほんっと素敵な空間になってきました。


T様には本当に感謝・感動続きの工事でありましたが、最後にもう一つ感動が。


OMソーラーを導入できず暖房器具を迷われておられたT様に、実家で使って


いたので、軽い気持ちでお薦めしたアラジンストーブが…


お手入れや火の取扱いには注意が必要ですが、じんわりお部屋が暖まるストーブ。


やかんをのせたり、網を置いて干し芋やお餅も焼けちゃいます。


また近くに立ち寄った際は、お邪魔をさせてくださいませ。


T様本当にありがとうございました!





兵庫県産でとってもチャーミングな噂のアラジンストーブ♪♪


↑ 最後にワンクリックお願いします! ↑

 

家づくりは『体感』と『勉強』から 家づくりセミナーやってます → コチラ

まずは『体感』から暮らしをイメージする 体感は コチラ のモデル住宅へ

自然素材リホーム&DIY ~施工前~


↑ 木の家っていいなと思った方はクリックを♪ ↑



今回は自然素材リホーム&DIY(Do It Yourself)







今回お仕事をさせていただいたT様は、中古住宅か新築住宅かをご検討される



なかで、昨年1月ワタクシ共のモデル住宅をご覧いただきました。



ご予算もあって最終的には三田市の中古住宅を選ばれたなかで、大変有難い



ことにワタクシ共にリホームのお声掛けをいただきました。



主に工事をさせていただいたのはLDKと廊下廻り。



それではまず工事前の状態からご紹介~♪♪















この空間が自然素材リホーム&DIYでどんな素敵な空間ができあがるのか。



続いて施工中の写真をご紹介。





まず段のついていた天井の意匠を撤去。




そして石膏ボードで平滑に。




床下収納も、とっても寒い要因だったので、断熱材を敷き込んだうえで平滑に。




不陸のあった床は、床材を削って不陸調整しました。




そして廊下からTSウッドハウスさんの杉板を張っていきます。




天井は井原左官にて珪藻土仕上。




壁はT様がDIYで。



またまた長くなっちゃったんで、完成の写真は次回。



お楽しみに~♪♪



↑ 最後にワンクリックお願いします! ↑

  

家づくりは『体感』と『勉強』から 家づくりセミナーやってます → コチラ

まずは『体感』から暮らしをイメージする 体感は コチラ のモデル住宅へ

ウッドデッキ 施工例


↑ 木の家っていいなと思った方はクリックを♪ ↑





今回は前回ご紹介できなかったウッドデッキの施工例。



今回まずご紹介させていただくのは、祖父の代に分譲をさせていただいた4戸1の



エビスホーム。







いわゆるテラスハウス(戸建連棟式共同住宅)です。



完成から41年経た今でも、愛されながら存在をし続けてくれています。



今回ご発注いただきましたM様は、完成時のオーナー様ではなく、20年ほど前に



前オーナー様より購入をされたのですが、今もこちらの物件を大変気に入って、



快適にお住まいいただいていました。



それではまずは現況の調査から。





デッキはしっかりメンテされておられるものの、傷みがみられます。





まずは基礎となる束石を据え付け。



ウリンの大引・根太を束石にしっかりと固定し設置。



そしてデッキを敷いていくのですが、ウリンは『アイアンウッド』と呼ばれるほどとても



硬い木ですので、まずはビス穴を先に開ける必要があります。



穴を開ける際、その硬さゆえにウリン材から煙が!!!





勾配ありの硬いデッキでも、真っ直ぐと穴あけをする熊本大工。



穴あけをした後からビス止めで完了。



ウリンは当初の日焼けが激しく、モノを置いているとすぐ形が残ってしまうので注意!
(すぐぼやけてきますが)



また当初はアク(ポリフェノール)が大量に出るため、デッキの下に駐車場を設置して



いるような場合はとっても注意が必要です。





引掛けていたホースが落ちてしまい、日焼けした例。




次に15年ほど経過した杉のデッキ→ウリンデッキへの改修の様子。





改修工事前のウッドデッキ



改修工事前のバルコニーのウッドデッキ



デッキの撤去後、高さがあるためこちらは鋼製束を建ててからウリンの大引を敷く。



川野大工・片山大工と、何故かブリリアントクリーン(美装工事)の清水君(笑)。





雨漏りにつながりやすいバルコニーのデッキは、防水が傷付かないようにゴムを



敷いてから、ウリンの根太を施工しています。



それでは完成写真を…











とっても気持ちいい空間が出来上がりました。



やはりデッキは内と外を繋ぐ『現代版の縁側』です。



人間の幸せは内側から外側に広がっていくものですが、住まいにとって豊かなものは



外部から入ってくるものだと、ワタクシの尊敬する伊礼智大先生もおっしゃられておりました。



光・風・緑…



そんな『縁側』のある暮らし。



とっても素敵だと思いませんか?




↑ 最後にワンクリックお願いします! ↑

  

家づくりは『体感』と『勉強』から 家づくりセミナーやってます → コチラ

まずは『体感』から暮らしをイメージする 体感は コチラ のモデル住宅へ

リホーム~想い入れのある木で~


↑ 『木の家』が良いと思った方はクリックを♪ ↑

 


今回はリホーム。



先日ご紹介をさせていただきました幸福な家続・幸福な家



 『宮脇壇』設計の築36年の『幸福な家』の住まい手K様より、今回の住まい手W様を



ご紹介いただき、リホームをさせていただきました。



色々と工事をさせていただいたのですが、


メインの居間の床と壁の改修を少しだけご紹介します。



・施工前の状態



・壁天井はクロス



・既存床



主な工事としましては、床の張り替えと壁の塗り壁。



床は、ワタクシ共お得意の暖かくやらかい材である『杉』をご案内させていただいた


のですが、ある事情によりカーペットの下に中途半端に張られている『椈(ブナ)』を


張りたいとのご要望で、遠方まで足をお運びいただき、実物を確認して


『椈(ブナ)』を採用となりました。



また、壁に関しては調質性の高い自然素材である珪藻土を塗ることに。





まずはカーペットを撤去し、





続いて巾木(床と壁の見切り)を撤去。





床の根太(下地材)をやり替え。





表面をならし段差を解消。





部屋の長手方向に対して床材を張っていきます。





床のワックス(自然塗料)を塗る前はかなり白っぽいですね。





しっかり床養生をして、壁面の珪藻土塗り。



吸放出性の高い珪藻土を、今回はクロスの上から施工しました。





画像ではなかなか伝わりませんが、やわらかい表情の壁になりました





巾木を塗装後、床に自然塗料であるオスモのクリアを塗装。





オスモは2回塗り。



で、完成!









 今回の国産の『椈(ブナ)』は、大阪の前田木材さんにお願いをしました。



前田木材さんは大変質の高い木材を会社のショールームに展示されており、



実物を見て材料を決めることができます。



今回の工事はブナ材の施工例としてHPに掲載されていますので、


一度覗いてみてください。



それにしても、今回のリホーム工事は特に印象の残る工事でした。



素敵な住まい手さん、素敵な材木店の社長さん、意気に感じる監督・・・



価値観の環がつながっていくというのは、こういう感覚なのでしょうか。



やはり価値観の合う方々とお仕事をさせていただくのは、本当に楽しいですね。



W様、ご紹介をいただきましたK様、前田社長様、職人の皆さん、現場監督の山口君



本当にありがとうございました!

 


↑ 最後にワンクリックお願いします! ↑

賢い土地の探し方・資金計画など、家づくりセミナーやってます → コチラ

人間も自然 自然が調和するパッシブ住宅を体感したい方はコチラのモデル住宅を是非一度ご体感ください!!!