工事の様子

次世代省エネ建材支援事業活用にて断熱リフォーム施工中①





現在神戸市内にて『街なかの断熱リフォーム(断熱リノベーション)』プロジェクトが進行中です。








住まい手は震災後に中古でハウスメーカー(Pホーム)の住宅を購入され、長い間お住まいでした。




この度子供たちも巣立ち、ご主人も会社を卒業される時期が近づきある中、
“夏暑く冬寒い”暮らしを改善したい』と弊社HPよりお問合せ、 ご相談をいただきました。




当初は長期優良リフォームにて検討ご希望でしたが、詳細図面が無い=評価基準型のみ対応可能ということで、顧客支援担当と設計が改めて補助金について調査。




その結果、“次世代省エネ建材支援事業” に切り替えて170万円ほどの補助金交付決定を得ての工事となりました。








ビルダーさんが詳細図面出してくれない




ビルダーがハウスメーカーさんや建売りの場合に、詳細図面が無い詳細図面を出してくれないという障壁があり、苦労するポイントです。




私も気づいていませんでしたが、工事完了後に竣工図をくれるビルダーかどうかは、改修工事のし易さに関わってきますので、ビルダー選びの重要なポイントだと再確認しました。




ただ綿密に調査したところ、こちらの建物は築40年近い軽量鉄骨造ではあるものの、断熱仕様としては外周部に100mmのグラスウールと防湿シートが張られており、現状の建売住宅と同程度の仕様で当時としては高い仕様でした。












それでも『夏暑く冬寒い原因』があるということは、数値上だけでない原因があり、その原因も改善していく必要があります。




調査の結果、原因は①外壁の熱橋:外壁直貼りで熱橋が60mmの外壁材であるため、外壁や鉄骨自体が“夏熱く冬冷たく”なり室内側へ放熱してしまう、②小屋裏の熱橋:小屋裏空間が小さく隙間があるため室内天井との熱橋の緩衝地帯として機能していないこと、③窓の熱橋:窓の性能が低さが主な原因と考えられました。
















費用対コストを検討し、この3つの熱橋を改善するために今回は、①外壁の熱橋→高断熱パネルを室内側に充填、②小屋裏の熱橋→屋根改修と共に高断熱パネルを天井に充填 、③窓の熱橋→サッシ入替え・内窓設置を選択しました。




長くなってしまったので続きは施工編へ。




珪藻土と漆喰





先日は今月オープン予定のリノベーション体感ギャラリーにて、左官屋さんと一緒に珪藻土塗りを行いました。




                  職人さんと施工体験中




バスマットやコースター等で耳にするようになった珪藻土ですが住まいの壁に珪藻土を塗られている方はまだ少ないのではないでしょうか?




今回は珪藻土や漆喰の違いをお伝えしたいと思います。




漆喰




強アルカリ性でカビに対して殺菌作用があり・気硬性(二酸化炭素に触れると反応し硬化)のある石灰に糊、麻をまぜたもので 古くから建材として使われる




・硬化時につれ糊がなくなっていき糊がなくなった部分が多孔質となり調湿効果がおこる     




・また硬化時に室内に浮遊化学物質があればそれを取り込み吸着します。その効果は100年持続すると言われています




施工には下地調整、下塗り、上塗りと、珪藻土に比べ倍近い手間暇がかかります




珪藻土




・中性 純度がほぼ100%で良い産地の珪藻土は、溜める・出すによって湿度を50~60%に保ち、カビの繁殖を防いでくれます
※純度(樹脂未混入)や産地によって調湿性の有無があります




・消臭効果がある




・下地調整をした壁に一回塗りで良く、施工性が高い




・素人でも簡単に塗れ、また補修が簡単である




それぞれの特徴が、それぞれのメリット・デメリットとなります。




また一部で珪藻土が発がん性物質であるという間違った情報が流れています。




珪藻土が発がん性物質で無い事の証明はこちらでご確認ください。




是非各々の建材の特徴を踏まえ、住まいに対しての自分の価値観が何を求めているのかで、選択いただきたいと思います。




                   クロスや壁シートのうえからもも一回塗り




N邸マンションリノベーション


N邸マンションリノベーションがはじまりました!




築24年のマンション新築時よりお住まいのN様




K邸マンションリノベーションをご覧にいただいて弊社にお決め頂きました




解体中の様子




下地を施工中




前回のK邸リノベーションでも書かせて頂きましたが、配管経路や床の状態などは解体してみないと分かりません。




N邸は以前上階より漏水があった事があるため、施主様も配管の状況をご心配され、現況を確認のうえ配管の交換をすることになりました。




完成イメージはこちら








小上がり畳の新設や玄関収納の新設を行うとともに、戎工務店無垢のリノベーション標準仕様の造作キッチン・無垢の床材・珪藻土にて仕上げていきます。




今後施工中や完成見学会も開催いたしますので、ご興味の方は一度お問い合わせくださいませ。

グリーン電力へ切り替えました





弊社不動産部門の高圧受電をうけているビル




エビスビル、三宮エビスビル、元町エビスビル、六甲アトリエハウス




の4棟につきまして、




7月より調達電力をグリーン電力へと切り替えさせていただきました。








弊社の利用する電力だけでなく、ご入居中のテナント様電力も併せた




“936,909kwh”すべてがグリーン電力となりました。




エビス本社ビル




六甲アトリエハウス




弊社ではSDGs推進を宣言しておりますが、




その中でも下記の6つのターゲットを重視しております。








平素より行っている




・循環型資源である自然素材の住宅での活用




自然素材を活用した住宅




・太陽熱・ヒートポンプのハイブリッドエアコンOMXの推進




省エネ率55%の太陽熱全館空調“OMX”




・自然素材オフィスリノベーション、木造施設やビル推進による職場環境改善





木造の障碍者施設




上記取り組みにより




私たちが住み暮らす神戸を中心とする“阪神間”において、




自然素材活用によるヒトに快適な空間 を供給し、




すべての人の健康と福祉 へ資することで、




住み続けられるまち を実現したいと考えております。








呼吸する壁 湯布珪藻土


戎工務店では壁材に湯布珪藻土を使っています。




今回は施主様のご希望があり、ご家族で珪藻土を塗っていただきました。







繊細で大変な作業でしたが‟楽しい″というお言葉どおり家族4人で力を合わせ約1時間30分ほどで施工完了。








最後は記念に手型をつけて完成!







施主様と施工者が一体になっていると感じた心温まるひと時をありがとうございました。




湯布珪藻土を体感してみたい方はコチラへどうぞ